院長自己紹介

自己紹介

澪つくし治療院の院長写真

名前:曽宮 将史(そみや まさふみ)

資格:鍼灸あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師、介護予防運動指導員、サービス管理責任者

血液型:A型

生年月日:1988年8月31日(辰年生まれのおとめ座です)

出身地:大分県(といっても里帰り出産なので育ちは埼玉の川越です)

趣味:

ドライブ(埼玉から大分県まで走破しました!)
イラスト漫画制作(そのうちニュースレターでも連載するかも…)
音楽(高校時代は軽音部でした)
温泉めぐり(仕事終わり休みの日は近場の温泉いってます)
寺社仏閣めぐり(四国霊場めぐり中ですが、なかなか行けてないです…)

バイト経験:

佐○急便の仕分け(ごめんなさい二度とやりたくないです笑)
中華料理屋(でかい鉄鍋でチャーハン余裕です!)
池袋の居酒屋(ジョッキ12個持ちしてました!)
ガ○ト(チーズinハンバーグの原価の安さにびっくりです笑)

 

埼玉県訪問マッサージ協会代表理事も務めており、
セミナーや各講演に講師として多数出演しております。

同業の方で訪問マッサージの開業にご興味ある方
こちら私も協力させていただいているサイトです↓
訪問マッサージ 開業 まとめ

セミナー講師

メディア掲載

私の夢

私の両親が想いを込めてつけてくれた「将史」という名前。
この名前には「歴史に残る将軍のような人に」という意味を込めてつけてくれました。
私は昔から気弱な性格でいじめを受けていたこともありました。 ですがこの名前をいただけたことで負けずに強く気持ちを持つことが出来ました。 今ではたくさんの出会いと経験が私を強くし、そして成長することが出来ました。 この想いを、感動を、たくさんの人に届けたい。 たくさんの思い出がつまった、この埼玉で。 そして親に 「立派になったね、がんばったね、生まれてきてくれてありがとう」と、 そう言ってもらえるよう、これからも全力で行動いたします!

リハビリ中の患者さん
笑顔の患者さん

澪つくし治療院の由来

「澪つくし」とは、
浅海を通行する船に対して、通りやすい水路「澪(みお)」を指し示すために立てた杭のことで、
「澪標」と書いて「澪の串=杭」を意味します。
さらに、小倉百人一首で知られる元良親王の和歌「わびぬれば今はたおなじ難波なる身を尽くしてもあはむとぞ思う」などでよく知られる掛詞で、「澪標」と「身を尽くし」を掛けた古典文学上の故事にちなんでいます。

「ご利用者様に笑顔と癒しを」をモットーに、
明るい未来への道標となれるよう身を尽くしてまいります!

最後に

患者さんに寄り添う姿勢

基本理念

「介護をする人もされる人も笑顔で満ち溢れ、 心豊かに健康で喜びあふれる生活を創出する」
この理念の元、患者様やご家族様、関係者様、そしてこれをお読みのあなたやあなたの大切な人。みんなが充実した健康な毎日を送り、笑顔と喜びで満ち溢れた幸せの日々を作りだせるよう心から願っております。 当院では、より良い訪問マッサージ・リハビリ・鍼灸サービスを提供できますようスタッフ一同努力を続けてまいります。 ご高齢者様が住み慣れたご自宅や介護施設で鍼灸マッサージやリハビリを受けていただくことで、少しでもお役に立ちたいと思っております。 地域のみなさまから心から「ありがとう」と、そういっていただけるよう使命感をもって 最大限お応えして参ります。

無料体験のご案内

 

お電話でのお問い合わせはこちら
049-236-3139

坂戸市の脳梗塞訪問リハビリマッサージ澪つくし治療院へのメール問い合わせはこちら

タイトルとURLをコピーしました